スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26年 1月善光寺初詣のつづき

善光寺 本堂のお参り、御朱印、善子さんと光子さんの居場所確認と、今回の目的を果たしここからは帰り道。

忠霊殿から本堂の西側、経蔵(重要文化財)まで歩いてきました。


石柱にはめ込まれている車輪状の石を回すと、諸々の苦悩を抜け出すことができるとのこと。


そこから、大勧進へ。
ちょうどご祈祷中で太鼓の音が鳴り響いていました。

大勧進から橋を渡り、石畳へ戻り山門へ向かいます。
大勧進の池。夏は亀がいるけれど、今は冬眠中??橋の南側と


北側。この写真に大きく写っているのが山門。奥に小さく写っているのが本堂。


山門に上がってみることにしました。凄く急な階段です。小さな子供やお年寄りには厳しいと思います。山門の中は写真撮影禁止。でも、山門から外に向かって撮る写真はOKです。大勧進方面。


仁王門方面。


山門の中には、文殊菩薩や四国八十八ヶ所霊場本尊の小像等が安置されています。文殊菩薩さまは知恵の仏様ということで、合格祈願をする方が多かったようです。

この「善光寺」の額の下から長野市を一望できます。


山門から出て、少し歩くと濡れ仏と六地蔵。



そこからまた少し歩き、道路に出る所に「駒返り橋」


この年になるまで、知りませんでした。


道路を渡り、更に下り仁王門をくぐり大本願。大本願には可愛らしい「ひとにぎり地蔵尊」


こうしていろいろ見て歩いて、大満足の初詣になりました(*^_^*)

お土産に福飴


おしまい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。